貧乏暮らしのシンプルライフ

病気持ちのシングルマザーが社会の底辺で生きる日常を語ってます。現在、娘と市営住宅で2人暮らし。貧乏話とシンプルライフの話題が中心のブログです。

今の生活も不安定なのに老後が気になる

【スポンサーリンク】

f:id:rokujohhitoma:20191028215413j:plain

とりあえず今がやばいけど

現在無職で貯金を食いつぶす日々。

そもそも老人になるまで生きるとも限らないし、扶養家族もいるわけだから、今の心配しようよ!

と、自分に言い聞かせたいところなんですが、こんなところに住んでると、いらぬ心配もしてしまうんですよ。

こんなところと言うのは、貧乏人が集まる(一部金持ちも紛れてるっぽい)市営住宅です。

市営住宅の1、2階にはお年寄りが住んでいることが多いです。実際、私の住む市では高齢者世帯は一般世帯と分けて募集しているので、高齢者は1、2階に当たるようになっているのだと思います。

認知症でも1人暮らし

高齢化社会ですから、認知症の人が徘徊して行方不明になるとか、あり得る話ですよね。

でも、私の頭の中では勝手に、認知症の人は家族と同居しているものだという思い込みがありました。

が、そうではなかった。一人暮らしをしている認知症の方もいるんです。同じ棟の1階に住むおじいさんがそうなんです。

私が引っ越してきた2年前は普通に元気なおじいさんで、たまに話すこともありました。「わしはもうボケとるからあかんわ~」なんて言ってたけど、本当にボケてる人は否定するもんじゃないの?冗談言ってるんだな~くらいに思ってました。

ところが今年になって具合が悪くなったのか、会話ができなかったり、自分の部屋がわからなくて探しているところに遭遇したこともありました(もちろん、部屋まで連れていってあげました)

 

認知症の人を理解したいと思ったとき読む本  正しい知識とやさしい寄り添い方 (心のお医者さんに聞いてみよう)

認知症の人を理解したいと思ったとき読む本 正しい知識とやさしい寄り添い方 (心のお医者さんに聞いてみよう)

 

 

身内もあてに出来ない

そのおじいさんのところには、時々息子さんや娘さんが様子を見に来ているようです。でも一緒に暮らさないのはそれぞれに事情があるのでしょう。暮らさないのじゃなくて、暮らせないのかもしれません。

週に何度かデイケアに通われているようなので、できる限るのことはしているのだと思います。

他人がどうこう言う問題じゃないですが、やっぱり認知症の方の1人暮らしは心配です。近所付き合いもほとんどない世の中ですからね。

 

私にできることと言えば会った時に挨拶して様子をうかがうことくらいです。毎回「どちらさんでしたかね?」と聞かれるけど、別にいいや(^^;)

悩める40代

幸いと言っていいのか、私はまだ両親の介護問題にはぶち当たっていません。父は高齢で持病もあるのでそろそろかなーとは思ってるけど、母はまだ現役で働いているのでまだ大丈夫!という思いもあったりする。

だけどもし何かあったら私が何とかしなきゃという心積もりではいます。

親も気になるけど自分の子どもはより気になる!別居してるけど息子は受験生。高校に受かるかどうかも心配だし、そもそも進学準備の金があるのかも心配すぎる~!

 

今も未来も不安しかないのですが、何とかなると思って生きていきます。