貧乏暮らしのシンプルライフ

病気持ちのシングルマザーが社会の底辺で生きる日常を語ってます。現在、娘と市営住宅で2人暮らし。貧乏話とシンプルライフの話題が中心のブログです。

美容院で芸能人の髪型をオーダーする

【スポンサーリンク】

f:id:rokujohhitoma:20181111223350j:plain

ささやかな贅沢

以前は年に一度だったこともあった美容院。セルフカットでしのいでいたあの頃の自分が不憫だ。

今はなんと2~3カ月に1回のペースで美容院に通っている。

これまで特定の美容院に通うことはあまりなかった。一度この人だ!と思える美容師さんに出会ったものの、その方は残念ながら別の店へ移ってしまい、しばらくはチープな1500円カットの店で我慢していた。

お値段なりのカットに満足できず、ホットペッパービューティー で市内の美容院を探していて、いちばん自宅に近い店を試しに予約してみたら、ジブン的にはビンゴな店だった。 

 

隠れ家的美容院

自宅から徒歩5分とかからないのに、そこに美容院があるとは気付かなかった。こじんまりとした小さなお店。スタッフはオーナーひとりのみ。

おしゃれ感前面に押し出した若向けの美容院とは違い、変な気を遣わずに済んだ。でもオーナーは私よりいくつか年上といった感じのおしゃれで気さくな人。

しゃべってても苦ではないし、会話がなくても気まずくない。

シャンプーの時に顔にかぶせられる布もなく、顔に程よくフィットするカバーのようなものをつけられ、布がずれるのを気にせず済むのも地味にうれしかった。

スタッフが1人なので基本お客もひとりのみ。この姉御的美容師さんになら言える!と思い勇気を出してリクエストしてみた。

飽くまでも”風”です

いつだったか映画のキャラクターをリクエストしたことがあった…。

rokujohhitoma.hateblo.jp

純日本人の私にはそもそも無理があったので、次は日本の女優さんのヘアスタイルをリクエスト。

私とは似ても似つかぬお美しいお方なのだが、せめて髪型だけでも~美しくなりたい~という女心。

前髪かなり短めの安田成美!

アメリヘアからあまり離れてない気はするけども・・・。

初めの1回は少しこっぱずかしかったけど、2回目以降は「前髪なるみ風で。」が定番になった。近頃では、オーナーの方から「今日もなるみ風でいい?」と聞いてくれる。

もうすべてお任せでいいくらいに楽だ。

 

ただ今日一つだけ残念なことに気付いた。

前髪がのびてきて、おかっぱ風で、重力に引っ張られてきてるほっぺた、さらに眼鏡。

そんな自分の姿が大木凡人に見える。(若い人、知ってる?)