貧乏暮らしのシンプルライフ

病気持ちのシングルマザーが社会の底辺で生きる日常を語ってます。現在、娘と市営住宅で2人暮らし。貧乏話とシンプルライフの話題が中心のブログです。

大学は借金してまで行くところなのか

f:id:rokujohhitoma:20180213225405j:plain

息子の塾探し中

息子のことは、ほぼ元夫に任せっきりだけど、聞くところによると勉強がすこぶるダメらしい。テストの点数が一桁も少なくないみたいで、いよいよ塾に入れないとやばいから塾を探してほしいと元夫から連絡があった。

塾に入れるのはいいけど、絶対月謝払えませんよね?電気も止められるくらいじゃん!5000円くらいで通えるとでも思ってる?・・・と心の中で思ったけど、私の子供でもあるわけなので、いざとなれば私が何とかしよう。

でもね~、本人のやる気次第なところもあるし、無駄な投資になる可能性もある。

学校の勉強なんてできなくてもどうってことないって思ったこともあったけど、自分の子どもとなると先行き不安すぎる( ;∀;)

大卒というステータス

勉強はできないよりできた方がもちろんいいけど、うちの家計では高校出すまでがやっとかな。もちろん本人が大学進学を希望すれば好きにさせるけど、奨学金で行ってね、ってなると思う。

今後どうなるかはわからないけど、今のところ奨学金ってつまり借金だよね。そんな苦労背負い込んで行く価値あるのかな。

自分自身高卒だから言うわけじゃない。社会に出てから大学出ておけばよかったなって思ったこともある。特に就職活動においてはね。

だけど一流大学だろうが三流大学だろうが卒業すれば大卒扱い。正直金さえ払えば入れるような大学卒業の奴より優秀な高卒っていっぱいいると思う。だから大卒を求人の応募条件に入れてる会社つぶれろ!(と一瞬思ったこともある)

大学は本当に勉強したい人だけが行けばいい。そういう人が経済的な問題があるなら是非返済不要な奨学金を。ただなんとなく大学くらいは出ておかなきゃ~な人は奨学金で将来自己破産も覚悟すべきかも。

 

貧富の差は酷だけど

金持ちの家か貧乏な家かなんて子どもは選べないからね。貧乏な家に生まれたら生まれながらにハンデがあると言ってもいいでしょうよ。

私は子供時代は中流家庭で育ったと思ってる。高校時代病んでなかったら普通に大学にも行ってたと思う。私立でも通わせてくれたはず。それが今では貧困家庭。

子どもたちには貧乏を乗り越えてほしいね~。金持ちにはならなくてもいいからやりたいことやって食べてってほしいよ。それには大学卒業が必須だ!って言うなら一度社会人やってから大学に入るのもアリなんじゃない?借金背負うよりはいいと思うけど、貧乏人の戯言でしょうか。