貧乏暮らしのシンプルライフ

月収およそ10万円のシングルマザーが社会の底辺で生きる日常を語ってます。現在、娘と市営住宅で2人暮らし。貧乏話とシンプルライフの話題が中心のブログです。

待ちに待ったお給料!相も変わらず低所得者

f:id:rokujohhitoma:20170725205556j:plain

フルタイムパートのお給料は?

週5日、1日8時間、せっせと働き、家事と育児は適当にこなし、ここ2カ月ほど突っ走ってきた気がします。

これで正社員なら文句ないんだけどな~、パートのおばちゃんなんだよな。それでも給与は16万!頑張ってるよね、私。そっからいろいろ引かれて手取りは13万ほどになってしまうんだけども。生活保護程度には稼げてるか。最低限の生活はおくれる金額なんですよね。

でも正直、こんなにがっつり働いて13万はないわ~って思ってしまう。国保に加入してた頃は金額も安かったし、年金も全額免除だったのに、社保に加入した途端容赦なく引かれる(T_T)

そして来年からは恐らく児童扶養手当も減額になるし、市営の家賃も上がる予感。これじゃ、がっつり働くよりもそこそこで働いた方がお得なんじゃないだろうか。

できる限り多くの手当てをちょうだいしたいと思ってしまう私はずるいんでしょうか。

 

貧富の差が出る夏休み

夏休みに入りまして、子どもたちにとっては楽しい毎日です。宿題もそこそこに遊びまくれる!って言う子どもたちばかりではないようで…。お稽古事や体験教室など、予定びっしりの子どもたちも多いみたいです。

うちの子は全く予定ゼロ。旅行もプールも塾もなし。大抵のお友達は家族旅行の予定があるそうで、「〇〇ちゃんちは、~へ行くんだって!」と教えてくれました。それはつまり、「うちもどっか連れてってくれよ~」ってことですね?

旅行も行けないことはないんだけど、何だか今はお金を使う気分ではないのだよ。今は貯め時な気がする。無職の時の分まで取り戻そうとしてるのかな。

 

漠然とした不安

少ないお金でも生活していけるのは過去の家計簿を見ても証明できてるはず。貧乏なりに楽しく生きていけるはず・・・なんだけど、とにかく不安が付きまとう。いつ体調崩してまた働けなくなるかわからないし、そろそろ親の介護も気になる。

このマイナス思考はホルモンバランスの影響か、単なるプチ鬱か。暗いニュースが多いのも関係してるかもしれない。

何がきっかけでまた前向きになれるかわからんから、今は不安が過ぎ去るのをじっと待とうと思う。