貧乏暮らしのシンプルライフ

月収およそ10万円のシングルマザーが社会の底辺で生きる日常を語ってます。現在、娘と市営住宅で2人暮らし。貧乏話とシンプルライフの話題が中心のブログです。

まさか娘と音楽トークをするようになるとは

今週のお題「私の『夏うた』」

勝手にスピッツ月間

最近スピッツのシングルコレクションがリリースされたからか、ラジオでスピッツの曲を耳にすることが多い。

学校に送っていく車の中で、なぜか8歳の娘が反応する。流れていたのは”空も飛べるはず”「あ、この曲知ってる~」

ん?テレビで流れてたのかな?学校放送で流れてたのかな?と思ったら、

「かーさんがカラオケで歌ってたやん♪」だってさ。

ははは、よく覚えてたね。カラオケはそう頻繁に行くわけではないけど、行ったら絶対スピッツは歌う。

「この曲いいよね~」と、歌詞は適当で歌う娘。お~、おまえにもスピッツの良さがわかるのか。スピッツは世代をこえて愛されてるぞ。

娘がスピッツを気に入っているのがうれしくて、家に帰ってからもAmazonのプライムミュージックでスピッツを聴く。

我が家では今月はスピッツ月間に決定。30も年の離れた娘っ子と同じ音楽を楽しむとは思わなかったな~。

実は苦い思い出も

私の青春時代はほぼ洋楽一色だった。邦楽なんてだっせーとさえ思ってた。そんなこと思ってた自分の方がダサいと今は思う。

でもスピッツは好きだった。声よし。メロディーよし。ついでに顔もよし。30周年って知ってびっくりだ。草野マサムネもう50になるの!?

草野マサムネと草野仁はミラクルだろ、レジェンドだろ!(※個人の意見です)

でもスピッツのちょっぴり苦い思い出があるんだな。それは高校時代、体育祭のフォークダンスの曲がスピッツのロビンソンだった。


スピッツ / ロビンソン

とにかくフォークダンスが嫌で嫌でたまらなかった私は、体育祭当日、こっそり抜け出して体育館裏でこのロビンソンを聴いていた。大好きな曲だったけど、聴くと何だか切なーくなってしまう曲なのだ。

お気に入りスピッツソング

娘の一押しは”春の歌”。春生まれだから??

私も好きだよ。アクエリアスのCMに使われてたっけ?さわやか~で疾走感のある曲。


スピッツ / 春の歌

私が不滅の名曲だと思うのは”楓”であります。悲しくて、歌詞を読むと重い感じさえするけど美しいメロディーだ。酔うと歌いたくなる曲ナンバーワンでもある。

楓。子どもにつけたい名前でもあったな~。


スピッツ / 楓

 そして今週のお題、「夏うた」で選ぶなら”渚”かな。夏も海も嫌いだけど、音楽の力で夏を乗り切ろう。


スピッツ / 渚