貧乏暮らしのシンプルライフ

月収およそ10万円のシングルマザーが社会の底辺で生きる日常を語ってます。現在、娘と市営住宅で2人暮らし。貧乏話とシンプルライフの話題が中心のブログです。

ゆる~い石鹸生活始めました!台所用洗剤を粉せっけんで

一時期ハマった石鹸生活

子供が生まれたころ、キッチン・お風呂・洗濯・掃除まですべて石鹸に変えたことがありました。子どもの肌には優しいものを!という母心だったんですかね。太陽油脂の製品で揃えておりました。

赤ちゃんのために!と思えば結構頑張れました。逆に言うと、他の理由(例えばエコのためとか)だったら頑張れない。なぜならいろいろ面倒くさいから。そして合成洗剤より高い。

例えば・・・

  • 洗濯の場合
  • 石鹸は泡立ちが重要なのでいちいち確認しないといけません。そして粉石けんだと溶けにくいし、粉を吸い込みむせる(>_<) 液体せっけんにすれば良いけど、粉よりも高いです。さらには石鹸カスのせいか洗濯槽が汚れやすい。
  • 食器洗いの場合
  • とにかく油汚れが落ちにくい!事前に油汚れを拭き取らないとぬるぬるが残ります。
  • お風呂の場合
  • 身体を洗うのは特に問題なし。シャンプーは慣れるまでに時間がかかる。軋みとの格闘は覚悟。

ただ掃除に関してはいろいろ使えて便利だと思いますし、面倒くささもないですね。

そんなわけで、子供が成長するにつれ、こいつらは肌も丈夫そうだし、合成洗剤でも問題なくね?という思いになり、石鹸生活から離れて行ったのでした。

大量に残った粉せっけん

せっけん洗濯をやめてからは、緑の魔女ランドリーにチェンジ。これは今も使っている定番となりました。

 

残った粉せっけんはあらゆる場所の掃除に使っていたのですが、何しろズボラで掃除回数自体少ないもので、なかなか減らない・・・。もう何年前からあるのかわからない粉石けんが今もあるのです。

台所用洗剤がきれた

食器洗いには、石けんほどではないかもしれないけど、エコを売りにしているカエルマークでおなじみフロッシュを使うようになりました。

 

正直油汚れがすごくよく落ちるということはないですが、石けんよりは使いやすく、手荒れしないので使い続けてました。それを最近使い切ってしまった。ストックはなく、買い物に行ったのに買い忘れるというボケをかまし、粉せっけんを濃いめにお湯で溶いたら油汚れもいけるんじゃね?と思い実際にやってみました。

石けん洗いいける!

フロッシュの空き容器に粉せっけんを大さじ2杯くらい入れて、少し覚ましたお湯150mlくらいで溶かしました。粘り気のないしゃばしゃばの液体ですが、スポンジで泡もこもこにすると意外にも汚れが良く落ちる。ちょっとした油汚れなら拭き取りなしでもいけそうです。ただ泡がしぼんできたらせっけん液を追加しないとダメです。

ところが翌日、洗い物をしようとせっけん液を出そうとしたら、固まってる!

f:id:rokujohhitoma:20170505153147j:plain

逆さまにしてもしばらく落ちてきません。もはや固体!?スポンジに絞り出してみました。

f:id:rokujohhitoma:20170505153702j:plain

見た目は変わりましたが、このまま洗い物をしても特に汚れの落ち具合に問題はなさそうなので使うことにします。ただフロッシュの容器のままだと出しにくいので、もっと穴の大きなものか瓶詰にした方が良いかもしれません。

プリン石けん?とろとろ石けん?

お湯で溶かしたのが固まった原因なのかとネットで調べてみたら、不思議なワードが出てきました。プリン状石けんとかとろとろ石けんとか。どうやら数年前に話題になったことがあるようですね。

油汚れに効果があるらしく、汚れに塗ってしばらく放置すると良く落ちるとのこと。キッチン以外にも掃除にも使えてなかなかよさそうじゃないか。

私は適当に作って出来上がったけど、分量は20~50度のぬるま湯50mlに粉せっけん50gとのことです。

少なくとも粉せっけんがなくなるまではこのとろとろ石けん使い続けてみる!

※注意事項として、私は指がカサカサになりました。手袋付けた方が良いかも。