貧乏暮らしのシンプルライフ

月収およそ10万円のシングルマザーが社会の底辺で生きる日常を語ってます。現在、娘と市営住宅で2人暮らし。貧乏話とシンプルライフの話題が中心のブログです。

娘を迎えに行ったら養育費を請求されたよ

f:id:rokujohhitoma:20170331174116j:plain

また2人暮らしができそうです

息子は2年前に元夫の家に引っ越していきましたが、私があんまりにも病んでしまったので娘までも強制的に連れていかれてしまったのが約2か月前のこと。

もう病んでないかと聞かれれば、返事に困るところですが、一応前向きに進み始めているということで、娘に帰ってきてもらおうと元夫の家をたずねました。

かつては自分も住んでいた場所なのに、今ではまるで他人の家の感覚です。私が住んでいる頃はまだ新築のにおいがしていたのに、今ではすっかりたばこの臭いです。

娘に今までほったらかしにしていたことを謝り、ご飯もちゃんと作るからと約束して、戻ってきてくれるか聞いたところ、「いいよ~。仕事もちゃんと探してね。」とのお答え。元夫からも特に止められることはありませんでした。

無職の人に金を集るなよ~

娘を連れて帰ろうとしたら、元夫から予期せぬ要求が…。「養育費、2か月分くれ。」

ん?それ、私に言ってる?意味が分からなーい!

大体、私が2人を育ててる時だって養育費なんて払ってくれたことないだろうが。慰謝料もくれなかったぞ。それどころか離婚して他人になったくせにうちの父親に借金までしてるじゃないか。

なんか、すごく長い無言の時間が流れた気がしたけど、「断る!」とだけ言って帰ろうとした。

 

よくよく聞けば、養育費というより電気代が払えず困っていたらしい。冬休み中子どもたちがずっとエアコンを付けていたから過去最高の請求が来たのだとか。そろそろ電気を止められるとのことで、とりあえず電気代は立て替えてやることにしました。

それだけでは終わらず、息子の中学入学準備で出費がかさみ、生活費もないと言う。まったく呆れて言葉も出ませんよ。中学入学なんてつい最近分かったことじゃあるまいし・・・。

 

結局私は3万円を貸すこととなり、さらには娘までも貯金してたお金1万5千円を貸してました。病的に金銭感覚がおかしいお父ちゃんだね・・・。

なんか幸せ~

ま、お金のことはともかく、久しぶりに娘と過ごす時間は楽しいです。私がひきこもってる間に息子の卒業式も、娘の誕生日も終わってしまいました(-_-;)

遅くなっちゃったけど、娘には塗り絵とペンをプレゼント。けっこういいやつ。

 

私がやりたかったというのもあるんですけどね。塗り絵本は娘が自分で選びました。ディズニープリンセスが好きなお年頃かな。

カラー筆ペンは色鉛筆とはまた違った塗り心地で良い。最近はゲームソフトのプレゼントばっかりだったからたまにはこういうのも良いものです。

 

さてさて、娘も戻ってきたことだし、母親業と仕事探しを頑張らないといけませんね。