読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

貧乏暮らしのシンプルライフ

月収およそ10万円のシングルマザーが社会の底辺で生きる日常を語ってます。貧乏話とシンプルライフの話題が中心のブログです。

一生モノのワナ!一生使うモノなんてそうそうない

ブランド物=長持ちの誤解

一時期「リンネル」というナチュラル系ファッション雑誌にハマっていたことがあります。付録もたかがおまけとは思えないものが多く、付録目当てで買う人も多いとか。

雑誌に載っているブランドの服を、「これは一生ものだから多少高くても買う価値はある!」と思い込み、1万前後の服を中心に買っていました。

流行り物には手を出さず、定番品で高品質なモノなら飽きも来ずに使えると思っていました。その頃買った高価な服は今どうなっているかというと・・・。ほぼ全部宅配買取ブランディア に行ってしまいましたね。

確かに品質は良いのかもしれませんが、ずっとお気に入りでいられる服というのは滅多にないです。特に熱しやすく冷めやすい性格の私には一生ものの服に出会うなんてこと期待しない方がよさそうです。

服だけでなく靴も売り飛ばしてしまいました。人気があってそこそこお値段もするビルケンシュトックやレペットでさえもほとんど履かなくなり、自分には合わなくなったのだと諦めて手放しました。

”一生モノ”というのは品質もさることながら、一生好きでいられて大切にできる自信があるモノに対してだけ使うべきだと思ったのでした。

ファストファッションだっていいじゃない

ファストファッションなんて安かろう悪かろうだと思ってあまり良いイメージはなかったですが、プチプラファッションもバカにできません。一生着続けようなんて思わなければ十分な品質なものは探せばたくさんあります。

先日ちらっと書きましたが、GUに行って何着か試着してきました。長く着ようと思うと汚れを気にしてなかなか手が出なかった白い服も、1000円程度と安いしワンシーズンだけと割り切れば挑戦してみようと思えました。

いつもは夏でも汚れの目立たない地味目の服が多かったですが、今年はさわやかに白い服を取り入れてみます(^-^)

f:id:rokujohhitoma:20160529203404j:plain

裏地付きで透けなくて股上も深くて安心なイージーハイウエストボリュームパンツ とぱっと見カジュアルだけどレースがきれいめなレースコンビスウェットを購入しました。

どちらも990円〈税抜〉!大量生産のなせる業ですかね。

高いものを買うとき

一生モノを購入の理由にしないことですね。10年後それを身に着けているかまで考えて決めようと思います。衣料品以外のもの、例えば調理道具や家電などは洋服ほど好みがあるわけではないので、長期間使う前提で多少値の張るものを買うのもアリかもしれません。