貧乏暮らしのシンプルライフ

月収およそ10万円のシングルマザーが社会の底辺で生きる日常を語ってます。現在、娘と市営住宅で2人暮らし。貧乏話とシンプルライフの話題が中心のブログです。

気を使いすぎて逆に気遣いできないヤツになってしまった焼肉会食

f:id:rokujohhitoma:20160506202452j:plain

大人数での食事は苦手

GWももうすぐ終わりですね。我が家では遠出することもなくフツーの休みでしたが、唯一特別なことと言えば親戚との外食でした。普段ひとり飯か、2人飯が多いため、4人以上の食事となると緊張します。

特に苦手なのは一人分の分量が曖昧な食事ですね。焼肉、鍋、大皿料理など、シェアして食べるもの。なぜならものすごく気を使うんです!焼肉なら焼き加減、鍋なら煮え具合、大皿料理なら自分が取り分けるべきか、他の人に任せるべきか…。

あとは回転寿司の奥側の席(レーン側)に座った時もお茶入れたり、皿をとったりしなければならず落ち着きません。

そんなことばっかり考えてるから全然食事が楽しめないんですね。鍋奉行・焼肉奉行とは皮肉を込めて呼ばれることが多いと思いますが、私にしてみればそういう人がいてくれた方が助かります。

 

タイミングがわかりません

総勢10名ほどだったでしょうか、正直よく知らない人もいましたが、焼肉の食べ放題の店に行きました。席が網の真ん前で、トングを持たされてしまった私。肉の種類もよく分からず注文は人任せにしていましたが、どんどん皿が運ばれてくるのでとりあえずどんどん肉を網にのせる!そして悩む。この肉はレア気味が良いのか?焦げ気味が良いのか?

そうこうしてるうちにもう一つの網から焼けた肉が私の取り皿に「これ食べちゃって~」とおばちゃんにのせられ、なんの肉か知らないけどとりあえずトングを置いて食べる。ん~いつまでたっても噛み切れない、飲み込めない。ホルモンの何かだったんだな。しばし無言で噛み続けたけど、どうにもならずトイレで出したのでした(-_-;)

息子にバトンタッチ

トイレから戻ったタイミングで息子と席を替わり、焼き係にさせてしまいました。トング持ちの重圧から解放されたかったんです!肉もそんなに食べたくないし、早く時間がたたないかな~と思いながらポテトばっかりつまんでいました。

焼肉食べ放題の良いところは時間制限があることですね。どんなに話が盛り上がってても、時間がきたらお開きになりますから(^-^)

帰宅してからホッとして、お茶漬け食べちゃいましたよ。食べ放題に行った意味ないです~( ;∀;)

おいしい食事はリラックスできるかどうかが一番重要だと思う!