貧乏暮らしのシンプルライフ

月収およそ10万円のシングルマザーが社会の底辺で生きる日常を語ってます。現在、娘と市営住宅で2人暮らし。貧乏話とシンプルライフの話題が中心のブログです。

ゴム手袋はどれでも同じじゃなかった!ガス代の節約に

f:id:rokujohhitoma:20160125182855j:plain

我慢の節約はやめた

暖冬だとばかり思っていたら急にすごい寒気が来ましたね。太平洋側の平地である私が住む地域も氷点下になり雪が降りました。

この季節の水仕事はつらい!真冬だけはお湯を使って皿洗いをしていた私ですが、引っ越してからバカ高いガス会社を利用するハメになったため、意地で水洗いをしていました。

幸い肌が弱いということもなく、手荒れはしないのですが、水温が下がると指先がジンジン痛い(>_<)

もう我慢はやめて、ゴム手袋を使うことにしました。

 

ゴム手袋が大嫌いだった

ゴム手袋と言えば小学校の時のトイレ掃除のイメージがいまだにあります。いろんな人が使うから手袋も汚いし、ゴムと汗(?)のにおいが混じって臭い!

新品のゴム手袋を見てもその臭いが思い出されて、極力使わないようにしていました。100円ショップの使い捨ての手袋を常備してあります。

実際よくある市販のゴム手袋はゴム臭がきついし、蒸れやすいですよね。ゴムの刺激でかぶれる人もいるそうです。

高級?ゴム手袋

トイレ掃除を思い起こさせないゴム手袋を求めて探していたところ、「Marigold(マリーゴールド)」というイギリスの老舗ブランドのゴム手袋を見つけました。

ゴム手袋としては少々お高く、700円くらいするのですが、60年以上もゴム手袋を作り続けているということで、こだわりのある商品に違いない!と信じて買ってみました。

用途に合わせて数種類ありますが、私は洗いものにしか使わないと思うのでキッチン用を選びました。黄色とオレンジ色で、トイレ掃除のイメージは全くありません(^-^)

 

使い心地は?

ゴム臭は全くないわけではありませんが、気にならない程度です。

実際に洗い物をしてみると、泡がついていても濡れていてもしっかり食器を掴めます。指先に滑りにくい加工がされてあるんです。

内側はさらっとした肌触りで蒸れることもありませんでした。

気になる水の冷たさですが、さすがに冷たさは感じますね(^^;)でも痛くてジンジンすることはありません。

お湯を使うことなく冬を越せそうです。

油ものは要注意

油汚れはお湯で洗う方がよく落ちますよね。だから水で洗う場合はボロ布で汚れを取ってから洗った方が良いです。油汚れに強い洗剤なら冷たい水でも落ちるのかな~

泡をすすぐまでは水を使いますが、洗い終わりには水切り籠の上から熱湯をかけてます。乾きが早くなるので、すぐに食器を拭かない私がやるひと手間です。

ひと手間と言ってもコーヒーを飲むついでに沸かしたお湯を使うだけですけど(^^ゞ