読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

貧乏暮らしのシンプルライフ

月収およそ10万円のシングルマザーが社会の底辺で生きる日常を語ってます。貧乏話とシンプルライフの話題が中心のブログです。

ミニマリストを一蹴する「無駄は必要」という意見がなかなか興味深い

f:id:rokujohhitoma:20151015201346j:plain

ミニマリストブームも下火?

ミニマリスト論争も落ちついてきたようですが、まだメディアで取り上げられることも多いんですね。

うちにはテレビがないので3日遅れで知ることとなりましたが、「ビートたけしのTVタックル」でミニマリストがテーマとして取り上げられていたようです。

「ぼくたちに、もうモノは必要ない。」の作者である佐々木典士さんのお宅に厚切りジェイソンが宿泊した模様が放送されたそうなんです。

なにそれ!すごい見たかったんですけど!

厚切りジェイソンの方ね。

 

放送の内容

佐々木さんの本は図書館で予約待ちなのでまだ読めてませんが、イメージではストイックなミニマリストって感じでしょうか。

番組ではミニマリストになると月10万で楽しく暮らせるとか、食生活もミニマルになり健康的になれるメリットなどが紹介され、出演者の間ではミニマリストは本当に幸せなのか?が議論されたそうです。

阿川佐和子さんとたけしさんの意見は、無駄は必要ってことだったらしいです。

無駄の必要性

「無駄こそが人間の良さ」「文化は無駄から生まれる」という意見が面白いな~と思いました。

つまり無駄は無駄じゃないってこと?

無駄があるからこそ新しい何かが生まれたり、その人らしさが表れたりするのでしょうか。

ミニマリストのような生き方からは何も生まれないんじゃない?ってことを言いたかったのかな?

放送を見ていないので想像でしかありませんが・・・。

モノの多い少ないで幸せは決まらない 

だからモノをたくさん持つのはいいことだ!という風には思いませんが、モノが少ないことこそ幸せ!モノをどんどん捨てるべき!と布教しているような人たちには“無駄じゃない無駄”について考えてみてほしいですね。

ミニマリストになって心底幸せ!っていう人はその道を貫けばよいと思います。

 

私がミニマリストを名乗らない・目指さないのは、必要最低限のモノで生きていくということに引っかかりを感じていたからかもしれません。

必要最低限のモノにプラスアルファが欲しいんですね、きっと。

暮らしを彩ってくれるモノだったり、気分を上げてくれるモノだったり。

なくても困らないけど、あるとうれしくなったりワクワクするモノが“無駄じゃない無駄なモノ”ってことになるでしょうか。

なんだかややこしいですね・・・。

 

厚切りジェイソンがミニマリスト宅に泊まってみた反応が気になります(笑)

彼もIT企業役員でありながら日本でお笑いタレントやってるんだからかなり変わり者だと思いますが、ミニマリストは変わり者だと感じたのでしょうか。