読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

貧乏暮らしのシンプルライフ

月収およそ10万円のシングルマザーが社会の底辺で生きる日常を語ってます。貧乏話とシンプルライフの話題が中心のブログです。

結婚に慎重になるのはわかるけど一度してみてもいいんじゃない?

つぶやき

今週のお題「結婚を決めた理由」

f:id:rokujohhitoma:20151007193329j:plain

離婚したけど結婚はしてよかったと思う

離婚したお前が結婚について語るな!と思われるかもしれませんが、バツイチの独り言だと思って読み流してくだされ。

おひとりさまでも安定した収入を得るのは難しい時代、家族を持つなんて経済的不安があって結婚に踏み切れない人もいるでしょうね。

そもそも人付き合いが少なくて相手もいないっていう場合もあるでしょう。

結婚できないんじゃなくて、結婚しないという考えもわかります。

でもチャンスがあるなら結婚してみるのもいいと思う。

最初で最後のチャンスだった

彼氏いない歴=年齢だった二十数年、おひとりさまを貫く心構えはできていました。

それがどうしたことでしょう、男ばかりの職場に就職したらなんかちやほやされる。

今思えばあれがモテキというものなのでしょうか。

よくありがちですが、職場恋愛ってやつに発展しました。

相手はのちに離婚原因となる金遣いの荒い人でしたが、恋愛中というのは相手の欠点が見えないもの。

いや、見て見ぬふりをしてしまうもの。

冷静に考えれば借金のある人と一緒になっても生活がうまくいくわけないとわかるはずなのに、恋は盲目状態の私は結婚を意識していました。

あとにも先にもこんなチャンスない!って思ったんですよね。

失敗したけど無駄じゃなかった

まぁ結果的には結婚して私は金銭的な損を被ったわけですが、お金じゃ買えない子どもという宝を得ました。

どちらかというと子どもは苦手な方でしたが、今では自信を持って宝と言えます。

とてもお金のかかる宝ですけどね~。

離婚後しばらくはこんな奴と結婚するんじゃなかった!って後悔してたけど、今では感謝ですね。

こんな私と結婚してくれてありがとう、私を母にしてくれてありがとうってね。

離婚をすすめるわけじゃないけど…

離婚は結婚より大変なので、決しておすすめしません(^^;)

だけど結婚生活がどうしてもうまくいかなかったら、我慢せずに離婚という選択をしてもいいと思う。

たとえシングルマザー・シングルファザーになったとしても、昔ほど肩身の狭い思いはしなくなったんじゃないかな。

なんといっても離婚率高くなってますからね。

2回目はあるか?

実際のところ再婚は考えられないです。

子ども2人いて恋愛なんてできないんじゃないかって言うのが本音。

でも機会があれば考えます。

一生に一度きりの恋愛っていうのも何か寂しい、っていうか悔しい?

そんなわけで私は今週末”恋活パーティー”に初参戦してきます。

結婚はともかく、恋はしてみてもいいかな。