貧乏暮らしのシンプルライフ

月収およそ10万円のシングルマザーが社会の底辺で生きる日常を語ってます。現在、娘と市営住宅で2人暮らし。貧乏話とシンプルライフの話題が中心のブログです。

専用洗剤なんて必要なし!電気ケトル(ティファール)をクエン酸で掃除

f:id:rokujohhitoma:20150621122048j:plain

便利な電気ケトル(電気代は気になる)

うちにはポットもやかんもありません。

それでお湯を沸かすのに使っているのが電気ケトルのティファールです。

 

この見た目は気に入っています。

気に入っているのにお手入れさぼってました(-_-;)

私のモノグサぶりが発揮されています。

専用の洗浄剤も便利だけどなくてもいい

前回はいつ掃除したのかさえ覚えていませんが、その時は電気ケトル用の洗浄剤を使いました。

 

買い物に行ったついでにその洗浄剤を買うつもりだったのですが、パッケージの成分のところに“クエン酸(100%)”って書いてあるんですね。

なんだ、クエン酸だったら家にあるじゃん!ってことで買わずに帰宅。

 

家にあったクエン酸の説明書きを見てみたら、用途として“ポットの水アカに”とご丁寧に書いてくれてあるじゃないですか!

全然見てませんでした(>_<)

ポットだと大さじ3~4杯のクエン酸を入れるようなのですが、電気ケトルなので大さじ1杯くらいと水を入れてスイッチオン♪

煮沸した後はしばらく放置します。

クエン酸の説明書きには90分放置と書いてありましたが、10分くらいでもキレイになってました。

洗浄前の写真にはモザイクかけたいくらいですが、こんな感じになりました。

f:id:rokujohhitoma:20150621122433j:plain

クエン酸水はそのまま捨てない 

クエン酸は酸性なので酢やレモン汁でも代用できますね。

でも電気ケトルだと臭いが気になるのでクエン酸がいちばんだと思います。

さて、洗浄が終わった後のお湯ですが、貧乏人はこのまま捨てませんよ。

ボウルにクエン酸水(まだ熱いですが…)をうつしかえて、水回りのお掃除です。

水アカや石鹸カスがきれいに落ちます~(^-^)

 

クエン酸は水回りに使うということをさも当然のように書いていますが、実はいまだに酸性とアルカリ性の汚れの区別があやふやです(;’∀’)

“クエン酸 掃除”とネットで検索してから掃除しました。

酸性の汚れにはアルカリ性の重曹を使い、アルカリ性の汚れには酸性のクエン酸を使うということで余計に頭が混乱するんですけど、私がバカなだけでしょうか( ;∀;)

重曹とクエン酸は揃えておこう

クエン酸も重曹も100円ショップで買えますからね、常備しておくと掃除に使う専用洗剤なんてなくてもいいんじゃない?って思います。

重曹に比べるとクエン酸はちょっと高いので、小さいサイズを買ってしまうのですが、大容量サイズを買えばもっとお掃除するようになるかしら!?

・・・ならないな。

モノグサさんは小さいサイズで十分でしょう。