貧乏暮らしのシンプルライフ

月収およそ10万円のシングルマザーが社会の底辺で生きる日常を語ってます。現在、娘と市営住宅で2人暮らし。貧乏話とシンプルライフの話題が中心のブログです。

おしゃれも断食する時代?洋服の断捨離が進まない人におすすめ

今週のお題「最近おもしろかった本」

 

f:id:rokujohhitoma:20150523144037j:plain

肌断食の次はコレ

本当の意味での断食は未経験ですが、肌断食は現在進行形で行っているひとまです。

肌だけではなく、おしゃれまで断食があるとはね~。

タイトルに惹かれてKindleで購入した本です。

 

おしゃれ断食とは3週間は新しい服は買わずに手持ちの服だけで過ごし、コーディネートについて考えましょう、というもの。

私は3週間どころか半年以上服を買わないことも普通です。

すでに手持ちの洋服が少ない人にはあまり役立たない本かもしれません。

 

たくさん洋服があるにもかかわらず、着ていく服がない!とお悩みの方には参考になるのではないでしょうか。

タイトルに”似合う服がみつかる”と書いてあるのですが、「こういうタイプの人はこんな服が似合いますよ~」のようなアドバイスはなく、「おしゃれ断食をすることにより自分でわかるようになるよ」、という意味合いですね。

なので、私に似合う服を教えて!という人が読むとがっかりしますので注意!

好きな服が自分に似合うかが問題

私の服選びというと、コーティネートなんて一切考えず、その服単品で見て「好き!」と思ったら選んでしまう傾向がありました。

だからいざ他の服と合わせようとすると「あれ?どれと合わせればいいの?」となってしまうことがよくありました・・・。

とりあえず1枚着たら何とかなる、というワンピースの所有率が高いのはそのせいかもしれません(-_-;)

 

おしゃれ断食のやり方

まずは「なりたい自分」をイメージづくることが大切なんだそうです。

服選びでそんなこと考えたことなかったです。

服選びで重要視していたのは、着心地・手入れのしやすさ(洗濯機でガンガン洗えるか)です(^^ゞ

いかに私がオシャレと無縁なのかがわかりますね。

これでもアパレルで働いていた時はおしゃれに気を使っていたのですけどね。

 

イメージができたところで、それに合う雑誌の切り抜きなんかをノートに貼り付けて、イメージの「見える化」をします。

それができたところでいよいよおしゃれ断食です。

全部の服の中から「なりたい自分が着ている姿をイメージできる服」のみ残します。

あとは潔く処分!どうしても決められない場合は保留用の箱の中へ。

しばらくして保留用の箱の中に入っている服を思い浮かべて、思いつかなかったものは自分にとって必要な服ではないと判断して今度こそ処分しましょう!

 

おしゃれ断食中にこういうアイテムがあればコーディネートがキマるな、と思うものがあればそれが次に購入するアイテムの候補になりますのでメモしておきましょう。

 

ミニマリスト・シンプリストのみなさんたちには必要のない情報でしたね。

ミニマリスト・シンプリストを目指しているみなさんへ向けての参考情報ということにしておきましょう(^_^;)