読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

貧乏暮らしのシンプルライフ

月収およそ10万円のシングルマザーが社会の底辺で生きる日常を語ってます。貧乏話とシンプルライフの話題が中心のブログです。

怠けたんじゃない!金で時間を買ったのだ

つぶやき 貧乏

f:id:rokujohhitoma:20150406204028j:plain

大量の名前書き

明日娘の入学式を控えてバタバタしていたひとまです。

今日は貧乏人らしからぬタイトルですね。

完全に言い訳です<(_ _)>

入学準備絡みのお話です。

 

入学準備で何が大変かって名前書きですよ!

上履き、手提げ袋、体操服などはさほど苦になりません。

気が遠くなるのが、算数セットの中身や鉛筆、絵の具といった細々したものです。

算数セットなんて、どんだけ部品があるの!ってほど細かいものが盛りだくさんで発狂レベルです。

手書きは早々に諦めて、保育園入園時に購入していたお名前スタンプを使うことにしたのですが、小さすぎて字がつぶれたりインクの付きが悪かったり。

途中でキ──ッ!!てなって名前書きを放棄してしまいました(;´Д`)

最後の手段

結局どうしたのかと言うと、お名前シールを注文しました・・・。

サイズいろいろで500枚以上のネームシールです。

こんなことならもっと早くに注文するんだったわ。

これが時間をお金で買うってことかしら?

貧乏人には贅沢すぎる~!

私の場合、時間を買ったというより便利さを買ったという方が正しいかもしれない。

 

時間とお金の価値

貧乏生活をしていると時間をお金で買おうなんてほとんど思わないんですよね。

時間がかかってでも安くあがる方が良いという価値観です。

電車も特急は使わず急行を乗り継ぐし、タクシーはまず使わない。

時短になる便利なサービスや商品もお金を払ってまでは利用しないですね。

時間も価値あるものであることは確かですが、お金と天秤にかけるとお金を選んでしまいます。

今は時間を売ってお金をもらっているのが現実なので、気兼ねなく時間をお金で買うっていうのは難しいです(>_<)

お金に余裕があるなら時間と経験を買いまくるかな。

 

さあ、明日は入学式!

注文したお名前シールはまだ届かず、準備は間に合いませんでした(-_-)

授業に間に合えばOKってことで・・・娘よ、ごめんなさい。