読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

貧乏暮らしのシンプルライフ

月収およそ10万円のシングルマザーが社会の底辺で生きる日常を語ってます。貧乏話とシンプルライフの話題が中心のブログです。

値下げ交渉に挑戦!引越しの見積もりをしました

貧乏

f:id:rokujohhitoma:20150308211325j:plain

4月も引っ越しシーズンですよね

引越しの時はいつも気が重い見積もり。

他人が家に入ってくることが滅多にないので余計に気を使います。

散らばってる子どもの物を物置に突っ込みましたが、どうせ見積もりの時見られるから意味なかったかも(:_;)

急遽座布団を1枚用意したのですが、営業の方が2名来られました!

座布団1枚しか無くて済みません(>_<)

 

3,4月は引越し料金が高いということを覚悟していました。

でも4月下旬ならまだましな方かな?と密かに思っていました。

でも営業の方に見積金額を出される前に「時期が時期なだけにお値段の方がちょっと・・・」なんて言われてしまったもんだから、あ~4月下旬もやっぱり高いんだ・・・と悟りました。

営業さんがパチパチと電卓をはじき、私の前に差し出すと、

まさかの6万超え!

思わず苦笑いです(゚Д゚;)

交渉術は持ち合わせておりません

さあ、ここから値段交渉です。

「大物だけ運んでくれたらあとは自分で運びますので安くしてください!」

営業さんが再度計算してくれました。

冷蔵庫・洗濯機・衣装ケース・布団・ちゃぶ台は必ず運んでもらい、他の荷物はトラックに積めるだけ積んでもらうということにして、トラックをワンサイズ小さいものにしてもらいました。

その結果、約46,000円まで下がりました。

 

むむむ・・・まだ高いぞ。

もうひと押し必要だ!

「前回もパンダさんを利用したんですよ~。ちなみに前々回もパンダさんでした!」

笑顔で上顧客アピール♪(もしかして逆効果??)

すると営業さん上司(?)に電話して確認。

え!?確認されるんだ・・・過去の記録が残してあるんですね。

ウソつかなくてよかった~(-_-;)

ちゃんと私がパンダさんを利用した記録も残ってました。

 貧乏の根性を見せる!

すると今度は40,000円になった!

「こういう時期ですので、これでなんとかお願いします」

と言われましたが、アリさんの見積もりが控えていたので値段を比較してから決めたいと伝えました。

営業さんは即決してほしいようで、「では、前回の金額に近づけるよう頑張りますので考えていただけませんか?」とねばります。

前回利用したときは11月だったので38,000円でした。(この時期では高いのか安いのかがわかりませんが・・・)

40,000円でもギリギリかな、と思っていたので3万円台になるならいいか、ということでパンダさんに決めることにしました。

正直もう1件見積もりを受けるのが面倒という思いもありました(^▽^;)

 

今度は営業の方は席をはずして電話をしに行きました。

これが最終交渉だな。

で、最終的にいくらになったかと言うと36,000円!

わー!前回を下回る金額じゃありませんか。

さすがにこれ以上は下がらないだろうと考え契約しました。

アリさんへの見積もりお断り電話を入れるのが嫌だな~と思ったら、パンダさんがやってくれるとのこと。よかった~(*´▽`*)

 

もう段ボールも置いていってもらったので、荷造りを開始します。

なるべく自分で運ぶ荷物を減らすためにも引き続き断捨離を敢行いたします(‘◇’)ゞ