貧乏暮らしのシンプルライフ

月収およそ10万円のシングルマザーが社会の底辺で生きる日常を語ってます。現在、娘と市営住宅で2人暮らし。貧乏話とシンプルライフの話題が中心のブログです。

何て高度な技術なんだ!許すということ

f:id:rokujohhitoma:20150302203809j:plain

器が小さくて困ってます

白状します。

私はまだ離婚を乗り越えられずにいます。

具体的にいうと別れた夫への憎しみが止まりません。

以前こんな記事を書いて、ふっ切れた気でいたのですけれども。

 

離婚・貧困・闘魂!ふっ切れた女はきっと強い - 貧乏3人暮らしのシンプルライフ

 

うちは父親と子どもが会うのは自由にしていますので、多いと週1回元夫がアパートに子どもを迎えに来ます。

私は意識的に顔を合わせないようにしていますが、声は聞こえてくるのです。

その声を聞くだけでイラつきます。

 

人は良い思い出より悪い思い出の方が記憶に残りやすいのでしょうか?

私は元夫からされた嫌なことばかり覚えています。

  • お前のせいでこんな貧乏な暮らしをしてるんだ
  • お前のせいで精神が病んで未だに治らないじゃないか
  • お前のせいで人生台無しだ

こんな思いが離婚後いつまでたっても消えないのです。

四六時中そんなこと思っているわけではないのです。

ちょっと嫌なことがあったり落ち込んだりすると元凶はあいつだ!と元夫のせいにしてしまうのです。

執着心を捨て去りたい

このままでは私はずっと怒りにとらわれて生きていかなければなりません。

この怒りの感情から自由になりたいのです。

ならば許すしかないですよね。

もう記憶の中から消し去ろうとしてましたが、元夫がいたからこそある幸せがあるのも事実です。

  • 初めてデートができました
  • 一生ひとり者だろうと思ってたけど結婚できました
  • 子宝に恵まれました

感謝すべきところもあるのです。

マイナスを無理やりプラスに考えてみる

離婚の原因は借金とギャンブルですが、私がまじめすぎるからいい加減な相手がちょうどよかったんじゃないか。

クソまじめといい加減なDNAが合わさったほうが子どもにとってはちょうど良いのかもしれない

お金で苦労した分少ないお金でやりくりできる術が身について良かったな~。

子どもにとっての反面教師になってくれてるんだよね。

子どもは借金もギャンブルも酒もたばこもやらないよ、きっと。

ありがとう。

 

と、心にもないことを書いてみましたが、これくらいサラッと言える広い心が欲しいですね。

憎しみや怒りは結局自分自身を苦しめているんですね。

心穏やかに生きたいです。