読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

貧乏暮らしのシンプルライフ

月収およそ10万円のシングルマザーが社会の底辺で生きる日常を語ってます。貧乏話とシンプルライフの話題が中心のブログです。

専業主婦でも入所させられる?納得いかない保育所事情

f:id:rokujohhitoma:20150131215209j:plain

少子化と言われていますが、保育所は足りていないようですね。

特に都会の方では待機児童もたくさんいるとか。

私の住む辺りでは都会ほど競争率は激しくないようですが、0歳児から預けよう思うと厳しいようです。

うちはお兄ちゃんが入所していたおかげか、娘は生後2か月から預けることができました。

そんな小さい時から預けるなんてかわいそうとか思います?

私も最初はそう思ってました。

でも今は早くから預けて良かったと思っています。

これだけで1記事書けてしまうのでまた別の機会に書きましょう。

 

子どもを保育園に預けるからには、理由が必要ですよね。

そこが幼稚園とは違うところです。

ほとんどの理由は「親が仕事をしていて保育できないため」だと思います。

他にも介護とか病気の場合も入所理由になるようです。

 

娘の通っている保育園に、どう見ても遊んでそうな若い母親が子どもを預けています。

こんな言い方古いでしょうか、いわゆるギャルママってやつですね。

見た目で判断するなと言われそうですが、見た目がすべてですよ。

似合わない髪色に染めて、いつもだらしないスウェット姿で子どもを預けに来ています。

若くして子どもを産んでまだまだ遊びたいお年頃なんでしょう。

同じようなのが3人ほどいて、友達同士らしいです。

子どもを預けた後、保育園の玄関前でランチの相談とかしてて腹が立ちます( `―´)ノ

 

なんでこいつらは子どもの入園を許可されたのでしょうか?

入所の申し込みをするときに、働いていることを証明する書類を提出します。

でもこんなもの働いていなくても、自営業の知り合いがいれば書類に一筆書いてもらうだけでクリアできてしまうんですよね。

働いているフリができるんですよ。

実際はどんな手を使っているのかはわからないですけどね。

こんな人たちのせいで入所できなかった人たちがいると思うと不公平だな~と思います。

 

ズルしている人にはいずれ自分に悪いことが返ってくると思うので、もう彼女たちに対して腹を立てるのはやめることにします。