読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

貧乏暮らしのシンプルライフ

月収およそ10万円のシングルマザーが社会の底辺で生きる日常を語ってます。貧乏話とシンプルライフの話題が中心のブログです。

インテリア&収納本が大量に届いたよ

つぶやき

f:id:rokujohhitoma:20150116212145j:plain

謎の荷物が…

子どもを保育園に迎えに行こうと玄関を開けると大きな段ボールが置かれていました。

宅配ならサインをもらわず置いていくはずないし、第一送り状だって貼られていない。

封もされていない状態だったので、いたずらか?と疑いつつ中をのぞいたら中身は全部雑誌と本!

それはみんな見覚えのあるものでした。

昔買い集めたインテリアと収納関係の書籍です。

犯人はあいつだ!

こんなところに置いて行った犯人がわかりました。

元夫です。

理由もわかる気がします。

前も記事に書きましたが、子どもたちのガラクタ(本人たちにとっては大事なものらしい)をちょっとずつ元夫の家に運び込ませていたのです。

大掃除までに2Kのボロアパートを快適スペースにしてみせる! - 貧乏3人暮らしのシンプルライフ

 

その腹いせにこんなことをしたに違いありません。

やられた~(+o+)

しかしこんな重いものをよく持ってきたもんだ。

仕返ししにきて腰でも痛めたんじゃないかな?

 

これらの本を買い込んだのはマイホームを建てると決まった時でした。

浮かれまくってインテリアコーディネーターの資格を取ろうとしたほどです。

(実際ユーキャンを申し込んで案の定挫折しましたが・・・)

中には英語もわからないのに洋書まであります。

写真を眺めているだけで楽しかったんです。

今は収納術より節約術!

今や何の役にも立たなくなってしまったこれらの本をどうしましょう。

せっかくダンボールにまで詰めて持ってきてくれたんだからこのまま買取に出そう!

もうインテリアには興味がなくなってしまったな。

本に載ってる素敵だと言われているお部屋を見ても、物が多すぎる!と感じます。

お気に入りの物を飾る、という考えすらなくなってしまったのかも。

収納術の本に関しても、もう必要ないと感じます。

収納に困るほどの物がなくなってしまいました。

ただし子どもの物は別なんですけどね。

気を抜くとすぐに増えます。

そしてやっぱり元夫の家に運び込もうと思ってます。

彼の家にまだ私の物はあったかしら?あればまたこっそりと玄関前に置かれるでしょう。